ENJOY LIFE

■2018年も仮想通貨を持ち続ける?手放す?

calendar

コインチェック騒動がだいぶ落ち着いてきました。ビットコインの価値はMAX240万円くらいまでいきましたが、今では90万円ほどになってしまったので参入が遅かった人は大損したのではないでしょうか?

 

 

2016年末から持ち始めて2017年にはすっかり飽きてしまい、思い切って手放した僕としてはそこそこの利益を得ましたが、確定申告が非常に面倒だったので本格的に運用することはもうないと思います。

 

 

無料のマイニングなどで得られるおこぼれコインを自動的に増やしながら次のビックウェーブに備えるつもりですが、さすがにコインチェックのようなところに保管するのは不安があるので【bitpay】というウォレットで管理していくことにしました。

 

 

bitpay(ビットペイ)はスマホ、パソコンにアプリ、ソフトをインストールすることで管理していくウォレットです。

 

 

ローカルウォレットなのでハッキングなど一斉攻撃を受ける可能性があるウェブウォレットよりも比較的安全と言われており、特定のPCや端末に対するハッキングがない限り盗まれる心配は低いようです。

 

 

そのかわりアプリをインストールしたスマホ、パソコンを紛失すると保管していたビットコインを永久に失うことになるのでバックアップから復元するための情報を厳重に管理する必要があります。

 

 

ログインID、ログインPASSは当然ですがその他に「12個の単語」と「送信時パスワード」が必要になりますのでパソコン上やスクショで保存するのではなく必ず紙に書き留めることをおすすめします。

 

 

ちなみに僕は「送信時パスワード」を忘れてしまったので保管はできても送金することができない状態になってしまったのでかなりあせりました(笑)

 

 

解決策を検索したところ「12個の単語を入力すれば新しいパスワードを設定できます」というザックリとした説明しか出てきませんでした。これでは初心者の方にはわかりずらいと思いますのでそのへん詳しく書いておきますね。

 

 

≪bitpayの「送信時パスワード」を忘れた場合の解決策≫

①登録時に書き留めた「12個の単語」を準備します。基本的にこれがないとアウトです。

②インストールしたアプリ、ソフトをアンインストールする。(端末からbitpayを消す)

③再度インストールしなおして「復元」します。

④「12個の単語」を求められますので入力します。このとき機種によっては日本語打ちが選択できないことがありますがローマ字でOKです。単語と単語のあいだはスペースで区切り、順番通りに打ち込みましょう。

⑤復元したらすぐに「送信時パスワード」再設定して忘れないようにしっかりメモしておきましょう。

 

 

やり方次第で2018年も稼げると思いますが、場合によっては確定申告がめんどくさいことになりますので続ける方はお気をつけて。

 

この記事をシェアする

コメント

  • はじめまして。
    ブログランキングから訪問しました。
    仮想通貨の税率、高いですよね。
    取引所でのハッキングニュースもよく聞きますし、
    自己管理をしっかりしないと、折角稼いでも悲しい結果になってしまいますね。

    by tonton 2018年3月19日 05:10

    • コメントありがとうございます(‘ω’)
      ただでさえ面倒な確定申告がさらに煩わしくなりましたね。
      今だに新しい通貨も出てきていますがまわりの反応を見ていると仮想通貨離れも進んでいるみたいなのでビットコイン一本に絞って10年後くらいに期待したいですね。

      by muro 2018年3月19日 10:40

down コメントを残す